チラシができるまで|開店に必要なチラシやシャッターの設置は専門業者へ【頼れる業者の選び方】

チラシデザインはプロとの相談で良いものができる

チラシができるまで

広告

大まかなデザインをイメージしよう

オシャレなカフェを開店するなら、ロゴ入りのチラシがお店の名前を覚えさせるチャンスになります。ロゴに関しては、プロのデザイナーがいる業者にイメージを伝えるとサンプルをいくつか作ってきてくれます。また、チラシの中に可愛らしいキャラクターを登場させると親しみと安心感をお客さんに与えることができます。しかし、デザインが素晴らしくてもレイアウトがしっかりしていなければすぐにゴミ箱行きです。そうならないために、目の動きを意識したチラシ作成が求められます。

重要視されるレイアウト

人は何かを読む時に意識的に目の動かし方をパターン化しています。文章のみならずチラシのデザインも流れで見られています。オーソドックスなのは、右から左へ読み進めるゼット型でしょうか。スムーズに下へ流れていくため、読みやすさ抜群だといえます。一方、上下に読み進めるエヌ型は、個性が一番出るデザインの一つです。よっぽどの理由がない限り、エヌ型はあまり採用されませんが、お店のポスターとして起用するなら全然OKでしょう。しかし最初は読みやすさを考慮してゼット型を専門業者ではおすすめしています。

チラシに関するギモン

初めての作成なので不安です。どうすればいいですか?

デザインチラシを作成している専門業者では、サンプル画像をサイトで掲載しているのでそちらからヒントを得ることができます。なければ、直接問い合わせをして「こんなデザインにしてほしい」というイメージを伝えてみてください。デザインを担当する人がいると、イメージをくみ取ってくれます。

やり直しはできますか?

打ち合わせの時点で気になる点や直したいところがあれば、いった方がいいでしょう。もし作っている段階でデザインの変更をされてしまうと、製造された分の費用を請求されてしまいます。こうした無駄を省くためには、時間をかけてじっくり話し合いの場を持つことです。

広告募集中